« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

重力ピエロ

Main_large

監督:森淳一

出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎


原作を読んでから見たので、驚きだとか感動は薄れちゃったかな…。

サスペンスっぽい内容なんだけど、派手な作品ではなく、淡々としています。

けれど後半は謎の真相(?)に迫っていくので中弛みすることなく最後まで見れました。


『楽しそうに生きていれば、重力なんて消えちゃうんだよ』

悲しい過去のある家族だけれど“最強の絆”を感じました。

Sub3_large

配役がよかったな~。みんな合ってた!

特に小日向さん!素敵なパパさんでした。


オール仙台ロケらしく、最寄の駅とか知ってる所がちょこちょこ写ってて、なんか嬉しかった♪

2010年3月28日 (日)

再会2

今日は仙台に帰る日(滞在時間短いよ~)

彼が私の実家まで迎えに来てくれたので、家にあがってもらって私の両親と再会

早く帰らないと遅くなっちゃうから30分くらいだけど、お茶しながらお話しました

実は父が昨日退院したばっかりで(癌で入院してたんだけど、無事に手術が成功しました)、彼は私以上に父の心配をしてくれててなんだか嬉しかったな~。

両親は彼のことをすっかり気に入っていて、彼も緊張することなくいつもどおり話してました。

GWは彼のご両親と会う予定があるんだけど、私はまだ緊張しちゃうなぁ~ドキドキです


Sh3e0093_2

帰り道の途中、彼の提案で那須のアウトレットに寄りました。

ここ初めてきた~買うつもりなかたんだけど、¥4000くらいのTシャツが¥1800くらいになてて思わす買っちゃた

あとこれも買ってみた↓

Sh3e00940001_3

レモン栃木に行ったときに気になったんだけど、結局買わなかったので今回は買ってみた………甘ったるくってレモン味なんだかなんだかよく分からなかった…小さいサイズにしといてよかった(笑)

あとこれも買った↓

Sh3e00970001_3

とち餅~

信玄餅みたいなやつこうゆうの好きなんだよね~

ちょびちょび食べてこ

2010年3月27日 (土)

マイレージマイライフ

Main_large

監督:ジェイソン・ライトマン

出演:ジョージ・クルーニー、ベラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック


リストラ請負人のライアンは1年の大半を出張に費やし、飛行機で全米を飛び回る日々。結婚は煩わしい荷物と考え、女性関係も一夜限りの気軽な関係を好んだ。しかし、新人ナタリーの研修のため彼女と出張を繰りかえすうちに、ライアンの考えは次第に変わっていく…。


仕事に没頭するあまり、いつの間にか家族、友人、恋人と疎遠になっていく。

「働きすぎ」と言われる日本人には、ライアンみたいな人が多いんじゃないかな。

忙しい現代を生きる人々には共感間違いなしの作品。そして観終わった後、自分の人生について少し考えさせられると思います。


斯く言う私もがむしゃらに仕事をし、リストラを経験した1人。だからライアンに共感する部分もあるし、リストラを宣告された人々のリアクションにも納得。なんだかいろんな感情が蘇ってきました(笑)

観終わった後彼氏にそのことを言ったら「そうだね」と深く頷いてた…。分かってるね、君(笑)


この作品の主な登場人物は3人。
Up01903jpg_rgb_large

新人のナタリーは『妥協=負け』と考え、恋人も“ポイント”で選ぶ。根拠のない自信に溢れ、血気盛んな若者らしい若者。

Up05917_large

出張先で出あった“気軽な関係”のアレックスは一見ライアンと似た人間に思えるんだけど、実際はそうでもないんだな…それは見終わってから分かること。

てかベラ・ファーミガおしりキレイだったな…笑


もちろん他にも様々な人が出てくるけれど、どの人に共感するかはその人の年齢や性別、境遇なんかによって全然違うんじゃないかな。

仕事が忙しいとか、人生に行き詰まりを感じたとか、そういう経験のある大人の人が見たら面白い作品かも。考えさせられるけど、決して重くなく、いい雰囲気なので是非観てみてくださーい。

再会

地元の仲良し4人組と再会4人揃うのは去年の夏以来かな!?

Pic_l_05

カフェご飯を食べながらひたすらガールズトーク

やっぱり恋バナが多いかな?恋愛における価値観やキュンとするポイント、不満に思うことがそれぞれ違って面白い

『不満に思うことないの?』って聞かれても何も思い浮かばなかったんだよね…しいて言うならスポーツバカすぎるところ?笑

たぶん他の人から見たら嫌なところもいっぱいあるんだろうけど、一緒に暮らして、いいところも悪いところも受け入れた上で好きだから、あんまり不満とか無いんだよね~(ってこれ言ったらのろけっぽい!?笑)



Sh3e00920001_2

やはりガールズトークには甘い物が欠かせないですな昼間にクレープ食べたこと忘れてガッツリ食べちゃった

カフェ→ファッキンをはしごして喋ってたけど、まだまだ話足りない!

GWとかにも会えるといいなぁ~

そうそうっタイ旅行のお土産もらちゃった~
Sh3e00950001_2

やっぱりタイと言えばゾウさんこれキーホルダーだったんだけど、壊れちゃったストラップのパーツを使って改造しちゃったNEW携帯の初ストラップに任命です!!
Sh3e0096_3

これをお母さんに見せたら気に入っちゃったみたいで、パクられそうだった(笑)

あげないも~ん

来月金沢に行くから何かお土産買ってこよ~っと 

2010年3月26日 (金)

実家へ

彼の仕事終わりに車で埼玉へ
結構な頻度で帰ってるな(笑)



旅のお供にミニチュッパチャップス~
これ存在は知ってたんだけど、なかなか見かけなかったんだよね。ついにゲット
棒つきアメってなんかテンションあがる大好き


途中佐野サービスエリアに寄って夕食

佐野ラーメン
まぁ…普通の醤油ラーメン…


車の中で久々に『スクール オブ ロック』聴いてたんだけど、校長辞めちゃうのあの2人の会話が面白いのになぁ~


てかラジオのパーソナリティって楽しそう友達とかとやってみたい(笑)
アマチュアがパーソナリティをする番組があったら良くない週替わりとかで~人気投票とかしてさ~ねぇねぇ。
あ、話が逸れた(笑)


結局8時に家出て、実家着いたのが12時半頃だったから、休憩の時間除くと仙台→埼玉は4時間くらい?
今回も長距離ドライブお疲れ様でしたダーリン(ダーリンって初めて言った気がする…笑)

2010年3月25日 (木)

おくりびと

01_large

監督:滝田洋二郎

出演: 本木政弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努


生きるということ、死ぬということ、そしてそれを見届けるということ…いろいろと考えさせられました。

けれど、物語全体はそんなに重くなく、笑いどころもたくさんあって楽しめました。

もっくんが死体のモデルをやるところがかなりウケたな(笑)


チェロ奏者から納棺師へ。人生何があるか分からないよね。

けれどどんな仕事であれ、そこにはドラマがある。

始めは「けがわらしい」と言っていた妻が夫の仕事ぶりを見て考えなおしたように、ほんの少し視点を変えるだけで物事は大きく変わる…。


63436_200902230139412001235399188c

アカデミー賞外国語映画賞を受賞したけど、外国の人はこの作品をどんな風に感じたんだろう。

なんかさ、どの国の作品でも言えることだと思うんだけど、その国の人にしか伝わらないであろうシーンって結構あるよね。

同じ作品でも、国によって見方や感じ方が違うってなんか面白いな~ってふと思いました


でも納棺師さんの仕事ぶりって日本人の私でも見たことないから(たぶん)、一連の所作がすごく美しく感じました。うん、いい映画だったな。

2010年3月24日 (水)

壊れる


↑分かりづらいけど炊飯器ちゃん。液晶画面が写らなくなってボタンもバカになっちゃったから電気屋までえっちらおっちら運んでいきました

代わりの炊飯器ちゃん。5合炊きだよデカイよ。肩もげるかと思ったよ


あと掃除機も最近動いたり動かなかったりだし、
土鍋は彼氏が真っ二つに割っちゃうし、
電子レンジの受け皿は私が欠けさせちゃったし…
なんか最近よく物が壊れるなぁ


いつ何があるか分からんから、やっぱり貯金って大切ネ。
入籍と同時に引っ越しもしたいし~お金貯めなきゃぁ

2010年3月23日 (火)

ワンダーラスト

51knopdvqml__sl160_

監督:マドンナ

出演:ユージン・ハッツ、ホリー・ウェストン、ヴィッキー・マクルーア


ロンドンの片隅で夢を追う若者達。しかし現実は夢とは程遠い毎日。ミュージシャンを夢見るAK→現実はSM調教師。バレリーナを夢見るホリー→現実はストリッパー。アフリカの貧しい子供達を救うことを夢見るジュリエット→現実は勤め先で万引き常習犯。そんな若者達の葛藤と生活をリアルに描いたマドンナ初監督作品。


ディープでリアルでオシャレ。マドンナってどんな人なんだろー。

Sub5_large_2

一番強烈だったのはこの人。ユージン・ハッツ。人気バンド「ゴゴール・ボルデロ」のボーカルらしい。なんだか分からないけど。すんげぇセクシーでかっちょよかったよ。

Sub2_large

ホリーとジュリエットも美人で魅力的だったー。


夢を追うって難しいよね。

夢を叶えるには努力が必要で、理想と現実のギャップに自分が惨めに思えたり挫けそうになったり。いろいろな葛藤がある。しかも努力すれば夢は必ず叶うってもんでもない。

ただ一つ言えるのは、夢を叶えた人は必ず努力してるってこと。光の反対側も見てきたってこと。


うーんなんだか私もまだまだ恥をかき足りないなっ。

Main_large

あ、このシーン↑が好き。

2010年3月20日 (土)

NINE

001_2

監督:ロブ・マーシャル

出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン


なんなのこの豪華キャストーーーーこの映画の存在を知ってから、絶対観なきゃって楽しみにしてたんだよね

いや~期待を裏切らない面白さだった

003_2

まず女性陣が美しすぎ!みんな30代以上でそれぞれ魅力があって。

やっぱり女は30代からなのか!?

なんか…私ももっと頑張らなきゃって気にさせられます(笑)

021

010

ペネロペしぇくすぃ~。ピンク!ピンク!笑

「嫌なこと忘れさせてくれて、エロくってかわいい。一緒にいるとき楽しけりゃいいや~」そんなポジションのザ・愛人役。ん~とにかくエロい(笑)

002

ニコールはグイドの作品に欠かせない美人女優の役。昔はあまり好きじゃなかったけど、最近キレイだな~って思うようになってきた。

009

マリオン・コティヤール。グイドの奥さん。私は彼女が一番好きかな~。かわいくて知的。

015_2

ケイト・ハドソン。『あの頃ペニー・レインと』の頃と比べるとだいぶムッチムチだけど、かわいかった!笑うと頬に寄るお肉がソーキュート(笑)

013_2

ファーギー。ルックスも歌も迫力があってかっちょいー!ここまで思い切れたらいいよなぁ。

004_2

ダニエル…今回はダメ男の役だったから、前作のゼアウィルビーブラッドの時のがかっこよかったな。


そんな訳で。出演者が魅力的なのはもちろん、みんなほんとーに歌やダンスがうまくてびっくり。

観ててうっとりしたりドキドキしたり。最高に刺激的でファッショナブルな映画!

他のミュージカル映画みたいに台詞の途中に急に歌いだすっていう不自然さも少ないから、多くの人が楽しめるんじゃないかな。

キルフェボン

ふふっ

んふふふ

じゃーん


初キルフェボン(^o^)/
埼玉にはなかったキルフェボンが、仙台にはある…素敵
チーズタルト、ガトーショコラ?、20日限定のキャンドルナイトケーキにしました

んー濃厚
どれもおいしかった
でもお高いからたまの贅沢時専用ね
今回はホワイトデーってことで買ってもらいました他にも買ってもらったんだけどね…確実に倍返し以上だわ(笑)男性は大変ですな

2010年3月19日 (金)

ウルトラミラクルラブストーリー

001

監督:横浜聡子

出演:松山ケンイチ、麻生久美子、ARATA、原田芳雄etc…


なんか変な話だったなぁ。正にウルトラミラクルな…。

陽人(松山ケンイチ)がホント子供みたいで、ハチャメチャで。身近に居たらちょっと厄介なんだけど、愛さずにはいられないような、そんな人。てか見終わる頃には大好きになってたさ。

松山ケンイチ…この強烈キャラを、不自然なくらいナチュラルに演じてました(笑)

004

マチコ先生に好かれたい、両思いになりたい一心で陽人がおこすミラクル。

なんか、すごかったよ。

005

そうそう。この映画全編津軽弁で、慣れるまで何言ってるか分からなかったよ(笑)最初数分は「字幕が欲しい…」って思ったけど、分かるもんだね

015

あ、松山ケンイチの「進化。」って台詞にドキッとしたのは私だけでしょうか(笑)

006

2010年3月18日 (木)

僕と彼女の


『僕と彼女の×××』
最新刊出てた~この人の漫画って少女漫画だけどギャグで好き
今回も笑えました


彼が仕事で使うとかで、こんなの買ってきたよ~

オレンジページ
そろそろ新しい料理本欲しかったから活用させてもらおう
春キャベツに新じゃが…春の食材のレシピがいっぱい
早くあたたかくならないかな~

2010年3月17日 (水)

ケーキ

作りました炊飯器で

ホットケーキミックスを使ったきじを流し入れて炊飯スイッチを押すだけ簡単だべ



ホイップを添えてうまさ2倍増し
しかし生クリーム泡立てるのって地味に大変だよねホイップ筋がつきそうだ


彼は何を作っても『これ作ったのすごいうま~』っていつでもナイスリアクションなので作り甲斐がある
でも嘘がつけない人だからまずいと『これあんまり』って言われちゃうけどね

2010年3月13日 (土)

シャーロック・ホームズ

090806_sherlockholmes_main

監督:ガイ・リッチー

出演:ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー


シャーロック・ホームズってあまりよく知らないんだけど、なんかイメージと違う…

334016_003

こんなムキムキなの?笑

てかロバート・ダウニーJr.がホームズってなんか…濃いよねぇ

まぁ、原作にインスピレーションを受けたオリジナルストーリーらしいから、原作のシャーロックとは異なる部分もあるんだろうけど、もはやアクション映画でしたよ(笑)

もうちょっと推理物っぽいシーンが多くてもよかったのになぁ…。

334016_009

ジュード・ロウのワトソン君はかっこよかった

100201_sh_sub1

いつもはかわいい系のレイチェル。今回はセクシーでルパンの不二子ちゃんみたいだった

また新たな敵が現れて終わったんだけど、続くのかなぁ??

2010年3月12日 (金)

色即ぜねれいしょん

Shikisokumain_large

監督:田口トモロヲ

出演:渡辺大知、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、宮藤官九郎、木村祐一


みうらじゅんの自伝的な同盟小説を田口トモロヲが映画化。

京都の仏教系男子校に通う高校一年生乾純。ボブ・ディランに憧れ、ロックな生き方を目指すが、実際は体育会系にもヤンキーにもなれない理想とは程遠い中途半端な存在。そんな平凡で退屈な日々に悶々とする毎日だったが、夏休みの旅をきっかけに少しずつ変わっていく…。


これぞ青春映画!って感じ。理想と現実のギャップに悶々として、思い切れない自分イライラして、知らないことを知りたくて、ちょっぴし不良な人間になりたくて…

高校生男子のかっこ悪さってなんかかわいいなぁ~って大人になってから思うようになった



主人公を演じる黒猫チェルシーの渡辺くんを始め、様々なミュージシャンが出てるのもこの映画の面白さの1つかも。

Sub6_large

くるりの岸田繁さん、

Sub7_large

銀杏BOYZの峯田和伸さんとかが出てるよ


最後の文化祭のシーンでは渡辺くん本領発揮!こんな爽やかで純朴そうな少年がパンクを歌うとはね…笑

そのギャップがまたいいのかな。

2010年3月11日 (木)

ショッピング


初めて化粧下地というものを買ってみた
いつも日焼け止めとパウダーファンデだけだったけど、やっぱ使うと違うもんだね
@コスメで好評だったINTEGRATEのにした初めて使うから比較できないけど、なかなか良い



これはリピート買いしたマニキュア
ネイルコンシーラーとして使ってます
縦じわが消えて、キレイな櫻貝色になるのナチュラルな感じで良い

インスタント沼

N_613pcbe53398ps

監督:三木聡

出演:麻生久美子、加瀬亮、風間杜雄、宮藤官九郎、ふせえり、岩松了


Numa_sub01_large

三木聡監督作品(『時効警察』、『転々』etc)大好き

今回も笑った笑った~わけわからん!笑

なーんも考えずに気楽に見れるからいいよね♪

麻生久美子のハイテンションっぷりが非常にかわいかった

Numa_sub03_large

加瀬くんがすごいことになってる(笑)

パンク野郎なのに実はいい奴なガス。かっこよかった

Gallery9_large

軽く見れる面白い作品が見たいときには、三木聡作品がオススメです

わけわからんから好き嫌い分かれそうだけどネ(笑)

2010年3月 7日 (日)

ボルベール

51spun8ytel__sl500_aa240_

監督:ペドロ・アルモドバル

出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャスetc…


失業中の夫と15歳の娘を養うライムンダ(ペネロペ)。ある日娘パウラが父に襲われそうになり、抵抗の末誤って殺してしまう。娘を庇うべく、隠蔽を図るライムンダ。

その夜、故郷の叔母が亡くなったという知らせが入る。ライムンダに変わり葬儀に参加した姉ソーレは、火事で死んだはずの姉妹の母の亡霊が叔母の看病をしていたという奇妙な噂を耳にする…。


006

ペネロペ色っぺーーーー!!!常に谷間が出てた気がします。そして常にそこに目がいっちゃいました(笑)

昔は「かわいい」というイメージだったけど、最近はすっかり艶っぽい大人の女って感じネ。こんなセクシーなママさんが居てよいのだろうか…笑


003

ペネロペを始め、この映画にはほとんど女性しか出てきません。

スペイン女性の美しさ、気丈さ、母の強さ、深い愛情などが描かれています。


母と娘が同じ経験をするのはなんだか皮肉だけど、それ故に長い年月の末お互いを受け入れ、母と子の絆の強さに気づく…というところが感動的。

001


あとは…とにかく美しい映画です!!

そもそもスペイン映画の良さに気づいたのが、同監督の『バッド・エデュケーション』でした。

D112698387

DVDのパッケージを見るだけでも分かるように、この人の作品は「赤」が印象的。鮮やかな赤というよりは、血を彷彿させるような濃い赤。妖しげな赤。

エンドロールも素敵なのよ!!独特な色彩と、大輪の花のコントラストが美しい。ハリウッド映画には無いこの感じが好きだな~。


あ、あと私なんだかスペイン語を聞いてるのが好きみたいです。あの独特な早口っぽい言葉…聞いてて楽しい!たまにNHKのスペイン語講座とか見ちゃうもん(笑)

英語よりスペイン語で話すペネロペの方が魅了的ヨ!うんうん。

美少女図鑑


美少女図鑑。
フリーマガジンのヘアカタログみたいなやつ。仙台のかわいこちゃんがいっぱい載ってますようへへ(笑)
しかし美少女と言えば先日のアカデミー賞


やっぱりとんでもなくかわいいね~本物だぁ

2010年3月 6日 (土)

しあわせの隠れ場所

Main_large_2

監督:ジョン・リー・ハンコック

出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツetc…


“米南部ミシシッピのスラム街に生まれ、ホームレスのような生活を送っていた黒人青年マイケルが、裕福な白人女性リー・アンの一家に家族として迎え入れられ、アメフット選手としての才能を開花させていく姿を描く。”


サンドラの肝っ玉母さんっぷりが最高ー。美しく、強く、優しい母…素敵です!!

全米アメリカンフットボール・リーグNFLのマイケル・オアー選手…知らぬ間に彼と試合見てたみたいなんだけど、すいません、全然知りませんでした

アメフトの選手ってデカくって荒々しいイメージだったけど、マイケルは辛い生い立ちにも関わらず、平和主義者で心穏やか…こんな人がいたんだね!!

今度アメフトの試合見るときはちゃんと見ます!そもそも彼氏が元アメフト部だったのにルールもよく知らないなんてやばいね!勉強します!笑


しかしリー・アンの家族が素敵すぎるよー。お金持ちなのに優しくて(←偏見入ってる?笑)愛に溢れた人ばかり。こんな家族が実在するなんて信じられないよー羨ましい。

あんな素敵家族目指すぞー!


家族の中でも末っ子のSJがとにかくかわいくてナイスキャラ!これから見る人は彼に注目です(笑)

ハートロッカー

Hl_1_large

監督:キャスリン・ビグロー

出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース


とにかくビビリな私は終始ハラハラしっぱなしで疲れました(笑)

いつ起爆装置が押されてしまうかも分からない緊迫したシーンがすごくリアルで、いつドカーンとなってもいいように耳を塞ぎながら観てました(笑)


冒頭で『戦争は一種の麻薬のようなもの』といったテロップが流れるのですが、この作品のメッセージはそれなのだな、と見終わってから気づきました。

多くの人の命を救うために立ち向かう爆弾処理班。戦場で生活しているうちに、戦場でしか生きられなくなっていってしまう。元の平穏な生活にはもう戻れなくなってしまう…。


戦争が多くの人の人生を狂わす…つくづく戦争って惨い。

2010年3月 5日 (金)

アカデミー

日本アカデミー賞やってたね~豪華な顔ぶれだからついつい見ちゃう

香川さんもう日本映画には欠かせない存在だよね抜群の演技力と面白いキャラが好きー

堺雅人さん見てるだけで顔が綻ぶわ
大河の新撰組あたりから人気爆発したよね~

ペ・ドゥナちゃん『リンダリンダリンダ』で好きになりましたやっぱりかわいいなぁ


月曜は本場のアカデミーWOWOWでチェックしなきゃー

2010年3月 4日 (木)

TOKYO!

N_622vpbu13296ps_2

監督:ミシェル・ゴンドリー、ガブリエル・ベル、ポン・ジュノ

出演:加瀬亮、藤谷文子、伊藤歩、大森南朋、香川照之、蒼井優etc…

3人の鬼才監督が東京を舞台に描いた3つの物語。どれも変です(笑)

キャストが好きな人ばかりでテンションあがります。

Interior_g1_large

加瀬くんでしょー。

Interior_g2_large

大森さんもほとんど喋ってないけど出てたーそいや妻夫木くんとかもちょっと出てたな…(ちょい役で出る妻夫木くんがなんか好き 笑)

この2人が出てるミシェル・ゴンドリー(『恋愛睡眠のすすめ』)の作品が見たくて見たんだけど、実際1番面白いと思ったのは…

Shaking_g2_large

3つ目の『引きこもり』(ポン・ジュノ監督)だった。

Shaking_g3_large

こ、この2人演技うますぎる大好きすぎるるる~

引きこもりのおっさんがピザ宅配の少女に恋しちゃって、それがきっかけで家を出る…っていう話なんだけど、なんだろう…この2人だから素敵に感じたんだろうな。

あー好きだなー。

宅急便

届いた~
クレジットカードのポイント引き換え商品



ティファールの電気ケトル我が家はやかんがないのでこれでお湯沸かすぞーガスで沸かすより節約できるらしいし



マグカップ
ティファールでお湯沸かして、これで紅茶とか飲むのさ


やっぱり公共料金とか毎月でる出費はクレジット払いにして、ポイント貯めるのがいいよね

2010年3月 3日 (水)

やみつき

もらいもの。

ざ、斬新なパッケージ(笑
他にもミルクコーヒーとカフェオレバージョンももらったんだけど、同じパッケージだった…
気になんね(笑



フローズンヨーグルト作ってみた
彼が『こりゃやみつきになる~』って言いながらバクバク食べてました
でへへ。

2010年3月 2日 (火)

リリィ・シュシュのすべて

Middle_1101372012

20051219_89473

監督:岩井俊二

出演:市原隼人、蒼井優、忍成修吾、伊藤歩


ウェブサイト上で一般参加者たちとの対話(チャット?)を通して書き上げられた物語をもとにして作られた映画。サイトには小さく「これは小説です」という注意書きがあっただけで、書き込んだ人達は映画になることは知らなかったらしい…おもしろいね。

しかし…しかしね、暗い!重い!びっくりするよマジで。

キャストが好きな人だし(15歳くらいの蒼井優ちゃん、声変わりもしてない市原くん、中学生姿の伊藤歩!などなど)、『花とアリス』の岩井俊二監督だから見たんだけど、いや~暗いし痛々しいし。しばらくずどーんってなりました。


中学生という大人でもなく、子どもと言うにも中途半端な年頃。それ故の未熟さと残酷さ。

イジメ、援助交際、レイプ、少年犯罪…掲げてるテーマがもう重い重い…しんどい。

なのになんとなく心に残ってしまうのは、岩井俊二の美しい映像と、出演陣の良質な演技のせいだろうか…。むーん。


509312

やっぱり蒼井優ちゃんは抜群の存在感でした。

市原くんはこの頃の方が坊ちゃんぽくてかわいくて、どこか儚げで好きだな。

でも…でも…とにかく暗いっす(笑)

2010年3月 1日 (月)

カルディで買い物してたらかわいいの見つけちゃった

これ中身なんだと思う?
………酒です
容器が欲しくて買っちゃった酒は料理に使いますかね。彼飲むかなぁ?



ハーゲンダッツ期間限定のクッキー&セサミクリームうみゃいっす。ゴマ好き必食



チーズケーキ作ったよ

ゼラチンがちゃんと溶けきってなくてちょっとざらつく…
まぁ、失敗してうまくなっていくのです

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »