« | トップページ | やみつき »

2010年3月 2日 (火)

リリィ・シュシュのすべて

Middle_1101372012

20051219_89473

監督:岩井俊二

出演:市原隼人、蒼井優、忍成修吾、伊藤歩


ウェブサイト上で一般参加者たちとの対話(チャット?)を通して書き上げられた物語をもとにして作られた映画。サイトには小さく「これは小説です」という注意書きがあっただけで、書き込んだ人達は映画になることは知らなかったらしい…おもしろいね。

しかし…しかしね、暗い!重い!びっくりするよマジで。

キャストが好きな人だし(15歳くらいの蒼井優ちゃん、声変わりもしてない市原くん、中学生姿の伊藤歩!などなど)、『花とアリス』の岩井俊二監督だから見たんだけど、いや~暗いし痛々しいし。しばらくずどーんってなりました。


中学生という大人でもなく、子どもと言うにも中途半端な年頃。それ故の未熟さと残酷さ。

イジメ、援助交際、レイプ、少年犯罪…掲げてるテーマがもう重い重い…しんどい。

なのになんとなく心に残ってしまうのは、岩井俊二の美しい映像と、出演陣の良質な演技のせいだろうか…。むーん。


509312

やっぱり蒼井優ちゃんは抜群の存在感でした。

市原くんはこの頃の方が坊ちゃんぽくてかわいくて、どこか儚げで好きだな。

でも…でも…とにかく暗いっす(笑)

« | トップページ | やみつき »

映画・テレビ」カテゴリの記事