« はるまき | トップページ | 恵まれすぎ »

2011年3月18日 (金)

地震から一週間

昨晩、ようやく水が出ました
昨晩、ようやくバイト先のスタッフ全員が無事だったということがわかりました


少しずつ、少しずつだけど、一歩一歩前に進んでるように感じます。


そして、その一歩にはたくさんの人の協力や努力や苦しみや思いやりや…とにかくいろいろなものが詰まっているんだと感じます。
小さな一歩も、大きな一歩に感じます。


私は毎朝スーパーに並んでます。
開店するかも定かではないけれど、とにかく並んでます。
そんなことしかできないけれど、とにかく旦那と私の命は守ります。


食事も洗濯も食器洗いもトイレも入浴も全てがままならないけど、
夫婦共々元気に暮らしてます


ニュースを見る度に涙が出ます。
私なんて、すごくすごく恵まれてると感じます。


何かできればとも思うけれど、私は『私』を一生懸命生きます。


地元埼玉も余震や計画停電や商品の不足やガソリンの不足や電車の本数制限や運休などなどで
すごく大変だと思います。


けれどその協力は、大きな一歩に必ず繋がります。


一時的に埼玉に帰ろうとも思ったけれど、彼が会社に行ったりしてるので様子見中です。


いろんな人の一声に元気をもらってます。
本当にありがたいです。
そして、本当に一人じゃなくてよかった…彼もいつもの半分くらいしか食べてなくても、私に食べさせようとしてくれます。お粗末なメニューも美味しいと言ってくれます。そういう気持ちが、何よりも大きなエネルギーに繋がっています。


いかなる時も心の豊かさを忘れないのが私のモットーです。
だから小さな幸せも大きな幸せです。
毎日毎日笑って生活してます。


早くみんなに会いたい

« はるまき | トップページ | 恵まれすぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事