« I am Sam | トップページ | J・エドガー »

2012年1月16日 (月)

バーレスク

001_3

歌で成功することを夢見てロサンゼルスにやってきた女性が、「バーレスク・ラウンジ」という店のスターに上りつめるというサクセスストーリー。

なんだか「キャバレー」を思い出したけど、キャバレーみたいなほろ苦さはなく、万人受けしそうな感じ。

当たり前だけどアギレラの歌の迫力はすごかった。

あまり好きな顔じゃないけど、髪型や衣装でコロコロ変わる雰囲気は女性なら誰でも見ていてドキドキするのでは。

006

スタンリー・トゥッチがまた「プラダを着た悪魔」のときみたいな役柄で笑えた。

好きなんだな、このおじさん。

« I am Sam | トップページ | J・エドガー »

映画・テレビ」カテゴリの記事